RAW現像のメリット・デメリットをカメラマン目線でまとめました。

スポンサーリンク
https://kame-nichi.com/wp-content/uploads/2021/07/twitter_icon-300x300.jpg
nobuki

こんにちは!むちゃくちゃ撮影しているカメラマンのnobukiです。

カメラを初めたばかりの人でRAW現像のメリット・デメリットを知りたい方は多いと思います。

今回は趣味でも商業でもカメラをしているカメラ歴10年以上の僕がRAW現像のメリットとデメリットについてまとめたいと思います。

メリットだけではなくデメリットもお伝えしますが、結論から伝えると、

・もっと綺麗な写真を残したい。
・SNS映えする写真を目指したい。

ということでしたらRAW現像は必須と思ってもらって構いません。

デメリットもありますが、RAW現像ができるようになると撮影をするのがより楽しくなるのでできたら挑戦してほしいなぁと思います。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

RAW現像のメリット、デメリットをざっくり。

ポートレート写真。

さっそくメリット、デメリットについて知りましょう!

【メリット】
・写真の表現の幅が広くなる。
・大きな印刷をする時も綺麗に印刷することができる
・楽しい!
※カメラの画素数で綺麗にできる印刷サイズの幅があります。

【デメリット】
・RAW現像ソフトが必要。
・機材コストがかかる。
・写真の保管コストがかかる。
・勉強が必要。

ざっくり雑に伝えると、RAW現像は綺麗に写真を残すことができる分、ランニングコストがかかるというイメージで問題ありません。

RAW現像をする時は、カメラの設定でJpegで保存をするのではなく、RAWで保存します。
RAWデータはJpegデータに比べ、撮影時に色情報などをより幅広く保存してくれるため、綺麗に写真を残すことができます。

ただ、RAWデータはJpegデータに比べ、写真1枚あたりの容量が大きいんですよね。

なので、費用がかかっちゃうんですよね。

RAW現像のメリット

Luminar neoのインターフェイス画像。

おそらく多くの方はなんとなく理解しているかと思いますが、あらためて僕自身が感じるメリットを掘り下げてお伝えしましょう。

写真の表現の幅が広くなる。

RAW現像はJpegでの加工に比べ、表現の幅が広くなります。
これはRAW現像では写真1枚の持っている色情報が多いためなんですね。

Jpegでの写真加工(レタッチ)では写真が破綻してしまうような写真でも、RAW現像では綺麗に写真を作ることができます。

風景写真の現像前。

例えばこの写真をRAW現像すると、

風景写真の現像後。

こんな感じに仕上げることができます。
暗い写真が明るく、また色を鮮明に確認することができますね。

大きな印刷をする時も綺麗に印刷することができる。

写真の解像度が高いほど、印刷時に綺麗に出力することができます。
JpegデータとRAWデータには以下の違いがあります。

・Jpegデータ:72dpi固定。
・RAWデータ:72dpi以上の解像度で写真を出力できる。

写真の画素数が大きいのであれば、ある程度の大きさまでは綺麗に印刷することができます。
ただ、やはり推奨するのはRAWデータをRAW現像ソフトでJpegで出力する。

印刷をして展示などを考えているのであれば、RAW現像はスタンダートな方法です。

RAW現像はやっぱり楽しい!

着物を着た女性のポートレート写真。鴨川周辺で撮影。夕日が見えている。

感覚的な話になりますが、やはり何よりRAW現像を覚えると、本当に写真の表現方法が飛躍的に広がります。

綺麗な写真に仕上げることができるととても楽しいです。

RAW現像を覚えることで撮影時に見える光景でRAW現像したあとの写真をイメージすることができるようになります。
ここまでRAW現像ソフトの扱いを熟知できれば、ますます写真が楽しくなるに違いありません。

RAW現像のデメリット

それではデメリットの紹介です。
いくつかのデメリットを紹介しますが、総じて主にコスト面の話です。

RAW現像ソフトが必要。

Luminar Neoのインターフェイスについて。

RAWデータを現像するならRAW現像ソフトが必要です。

僕が使うRAW現像ソフトのなかで個人的におすすめでなのが、

・Luminar Neo
・Lightroom Classic

この2つのどちらか、もしくは両方(Luminar NeoはLightroom Classicのプラグインとして使える)があればいいと思います。

ざっくりこの2つの特徴を伝えると、

Luminar Neo:初心者におすすめ。買切り型。AIを利用した次世代RAW現像。
Lightroom Classic:定番ソフト。サブスプリクション。フォトプランでPhotoshopもお安く使える。

Luminar NeoやLightroom Classicの詳細については下記にまとめていますので参考にしてください。
(当ブログの人気記事です!)
特にLuminar Neoは僕専用の割引プロモーションコードを発行していただいてますのでぜひご利用ください。

機材コストがかかる。

SDカードの容量がわかる画像。

機材コストで大きくかかるのは記録媒体(SDカードやコンパクトフラッシュカード)のことです。

RAWデータはJpegデータに比べて、写真1枚当たりの容量が大きいんですよね。
なので、必然的には記録媒体は大きな容量が必要になります。

「じゃぁ、できるだけ安いものってあるの?選び方は?」

という疑問に下記の記事にまとめていますので参考にしてください。
僕も使っている記録媒体をまとめています。

ブランドによって、価格も異なりますので参考にしてください。

写真管理コストがかかる。

バッファローのHDDの画像。

記録媒体と似たような話にはなりますが、RAWデータは容量が大きいのでパソコンで写真を保管するとなると、すぐにパソコンの容量を圧迫すると思います。

なので、外付けのHDDやSSDは必須です。

下記の記事にそれらの記事や、僕も使っているアイテムをまとめていますのでこちらも参考にしてください。

勉強が必要・・・とはいえ楽しい。

やはり初めてやることは何事にも勉強が必要です。
RAW現像ももちろん勉強が必要です。

ただ、安心してもらいたいのは本を読み込まなければならないとか、難しい数式を覚える必要があるとかはありません。
写真を見ながらパラメーターをマイナスやプラスに感覚的に変更するだけです。

おそらく写真をするような方は感覚的な方が非常に多いと思いますので、きっと楽しみながらRAW現像ソフトを学んでいけると思います。

まとめ。写真を始めた人はぜひRAW現像を挑戦してみてほしい!

女性のポートレートモデルの写真。

今回はRAW現像のメリットやデメリットについてお伝えしました。
デメリットでコストを上げてみましたが、今の機材のままRAW現像ソフトを体験版で落としてまずは挑戦してみてほしいです。

きっとより写真が楽しくなると思います。
関連記事をしたにまとめていますので、こちらも参考にしてもらえたらと思います。

それでは!

nobukinobuki

nobuki

撮影初めて10年以上のカメラ好き。風景、ポートレート、創作、コスなどの作品撮りが好き。なんでも撮ります。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

nobukinobuki

nobuki

撮影歴10年以上の関西在住フォトグラファー。 抹茶&コーヒー好き。 ポートレート、風景、創作写真、機材レビュー、撮り方に関係する記事を投稿しています。

スポンサーリンク

週間ランキング

  1. 1

    RAW現像ソフトのおすすめ5選!カメラ歴10年以上のカメラマンが紹介!

  2. 2

    【必須】外付けHDDやSSDで写真を管理!バックアップは必ず取ろう!

  3. 3

    RFレンズ(単焦点)のおすすめ一覧。カメラマンはこれから買う!

  4. 4

    silkypix developer studio pro11をレビュー!現役カメラマンが使ってみた。

  5. 5

    【一眼レフVSミラーレス】後悔しないカメラはどっち?カメラ初心者に現役カメラマンが伝えたいこと

  6. 6

    【2022年版】ZV-1をレビュー!写真性能を中心に作例と共に紹介します。

  7. 7

    RAW現像やりすぎ問題について。趣味&商業カメラマンが意識していること。

  8. 8

    【ZV-1 VS ZV-E10】写真性能を中心に比較!どっちがベストチョイス?

  9. 9

    【どっちを選ぶ?】EOS R5とR6を比較!写真性能を中心に比べてみた。

  10. 10

    Kenko ブラックミスト No5をレビュー!No1よりおすすめしたい理由も。

おすすめ記事

  1. 【ポートレート編】Luminar Neoの使い方!時短で簡単に写真を仕上げよう。

  2. 【割引コードあり】Luminar AIの購入方法とインストールの手順について。

  3. 【割引あり】2022年おすすめのジンバルを紹介!専門店から選ぼう!

  4. カメラ、スマホ用ジンバルは「ZHIYUN」で!ジンバル専門店をおすすめする理由。

  5. 遂にLuminar Neoのプロモーションコードが配布!割引価格でゲットしよう!

  6. Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

  7. 【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

TOP