【必須】カメラの掃除用ブロワー、おすすめ4選!プロカメラマンも使います。

https://kame-nichi.com/wp-content/uploads/2021/07/twitter_icon-300x300.jpg
nobuki

こんにちは!むちゃくちゃ撮影しているカメラマンのnobukiです。

カメラを購入したら合わせてメンテナンス道具も必ず購入しましょう。

今回はメンテナンス道具のなかでも、レンズやフィルターを掃除できる「おすすめのブロアー」の紹介です。
しかし、ブロアーはいろんな種類がありますし、価格も結構な差があるのでどう選んでいいか迷うところですよね。

僕もいくつか使用してきましたが、最初は適当に選んでいたのが正直なところです。

今回の記事では、

・ブロアーのどれを購入したらいいか分からない。
・購入の際に見るべきポイントが分からない。

という、初めてブロアーを購入する人には参考になるかと思います。
購入の際に気をつけないといけないポイントもあわせて紹介しますね。

ブロアーの役割と使い方について。

ブロアーの役割は「レンズやフィルターに付着した埃、花粉などを風の力で飛ばす」ことができます。。

レンズやフィルターに埃や花粉が付着していると写真にそれらの影が映り込んだりと、写真に影響してきます。

分かりやすく、写真をモノクロにしました。
写真に黒い点が写り込んでいると思いますが、このような黒い点が写真に写り込んでしまいます。

写真をレタッチして黒い点を修正してもいいですが、修正はとても時間がかかるものです。
なるべく撮影段階で回避したいところですね。

そこでブロアーの出番というわけです。

使い方やその他必要なメンテナンス道具も下記の記事にまとめてますので、あわせてご覧ください。

ブロアーを購入時に気を付ける3つのポイント。

ブロアーを購入する際は下記の3つは必ず意識してみるようにしてください。

・軽さとサイズ。
・ブロアーの風量。
・ブラシの有無。

通販や店舗で購入する際は必ずこの3つは確認するようにしてください。

軽さとサイズについて。

軽さとサイズについては、外に持ち運ぶか持ち運ばないかで決めると良いでしょう。
軽量化つ小型となると安いものが多いです。
持ち運びには便利かも知れませんが、安いということでブロアーの品質がイマイチかもしれません。

・ブロアーが壊れやすい。
・時間と共にブロアーの表面がベタベタしてくる。

これらはよくある話です。

ブロアーを外に持ち出すのであれば、軽さとサイズは重要ですが、ブロアーは外に持ち出さないと決めてもいいと思います。

風量について。

ブロアーを使用した際に風量の強さは重要です。
風量が強いと埃を細かい部分やカメラ内部のイメージセンサー周辺の埃や花粉もしっかり飛ばしてくれます。

ブロアーのサイズが小型であると、やはり風量が弱い傾向があります。

やはり、ブロアーは風量のことを考えると小さすぎず「そこそこのサイズ」がおすすめです。

ブラシが付属しているものを選ぼう。

ブロアーには「先にブラシを装着できるパーツ」が付属しているものがあります。
ブラシはより細かく埃や花粉を除去できるのでおすすめです。

まずブロアーで埃や花粉を飛ばす。
レンズの隅の細かい部分はブロアーの風量だけでは飛ばないことがあるので、ブラシがとても活躍してくれます。

https://kame-nichi.com/wp-content/uploads/2021/07/twitter_icon-300x300.jpg
nobuki

これら3つのポイントを抑えて、ブロアーを購入しましょう!

おすすめのブロアー4選!

それでは安いモノからプロ仕様までいくつか紹介したいと思います。
安いものからプロ仕様までご紹介です。

UN ブロアー UNX-1330

軽量かつ小型でブロアーを探しているのであればUNのブロアーです。
ブラシが付属していないですが、比較的安めのブロアーです。
とりあえずどんなブロアーでも良いのであれば、こちらで試して、他のブロアーを検討するのが良いでしょう。

ケンコー ブロアー。KPB2-WB-BK

ケンコーブラシ付きブロアーはおすすめです。
可能な限りお安くでブラシ付きを探している。
まず、最初の1本目であれば、こちらの商品で問題ありません。

ブラックを紹介しましたが、他にも色があります。

Akineko 取り外しブラシ付きブロアー

Akinekoのブロアーはもちろんブラシが付いていますが、何より特徴的なのは他のブロアーより大きめです。
大きめなので一度のプッシュで大きく風を送り込めます。
大容量ブロアーのため、パソコンのキーボードの隙間にある埃やゴミも飛ばしやすいです。

VSGO ノズル取替式ブロアー V-B02

VSGOのブラシはブラシは付いていませんが、いくつか特徴があります。

・ノズルが長・短と2つあり、交換ができる。
・ブラシ内にフィルターが付いており、ブロアー内部に埃やゴミが入るのを防ぐ。
・そこに吸盤が付いており、自立する。

特にブラシ内のフィルターが特徴的ですね。
ブラシは使用していると少しづつブロアー内部に埃が入り、吹き付ける時に埃も吹き付ける可能性があります。(僕は気になりません。ブラシも利用すると綺麗に埃を除去できます)

カメラ初心者よりどちらかというとプロ仕様かなと思います。
値段も他に紹介したブロアーより少し高めです。

Amazonはギフト券やチャージで購入するとお得!

メインで購入するモールがAmazonの方は、クレジットカードで購入するよりも「ギフト券で現金チャージ」して購入する方がポイント還元率が高いのでおすすめです。

・チャージ金額により通常会員2.0%、プライム会員は最大3.5%のポイントが付与の詳細について。

また、現在(2021年10月)2つのチャージキャンペーン中です。
どちらか片方しか適用できないようですが、自分が対象かどうか下記の公式サイトで確認してみてください。

あわせて読みたい
・初回限定¥5,000以上チャージで1,000ポイントもらえるキャンペーンの詳細。(終了日未定)
・初回限定¥12,000以上チャージで2.000ポイントもらえるキャンペーンの詳細。(2021年12月31日迄)

まとめ

いくつか紹介させていただきましたが、どのブラシを購入しても使用するうえでは問題ありません。
ただ、色々ブロアーを使ってきた経験から、

・軽さとサイズ。
・ブロアーの風量。
・ブラシの有無。

この3つは抑えて購入することがポイントだと思いますので、ぜひ検討してください。

それでは!

nobukinobuki

nobuki

撮影初めて10年以上のカメラ好き。風景、ポートレート、創作、コスなどの作品撮りが好き。なんでも撮ります。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

nobukinobuki

nobuki

撮影歴10年以上の関西在住フォトグラファー。 抹茶&コーヒー好き。 ポートレート、風景、創作写真、機材レビュー、撮り方に関係する記事を投稿しています。

週間ランキング

  1. 1

    【必須】外付けHDDやSSDで写真を管理!バックアップは必ず取ろう!

  2. 2

    RFレンズ(単焦点)のおすすめ一覧。カメラマンはこれから買う!

  3. 3

    【一眼レフVSミラーレス】後悔しないカメラはどっち?カメラ初心者に現役カメラマンが伝えたいこと

  4. 4

    RAW現像ソフトのおすすめ5選!カメラ歴10年以上のカメラマンが紹介!

  5. 5

    【2022年版】ZV-1をレビュー!写真性能を中心に作例と共に紹介します。

  6. 6

    【神コスパ】Canonの中望遠レンズEF85mm F1.8 USMを作例付きレビュー!

  7. 7

    silkypix developer studio pro11をレビュー!現役カメラマンが使ってみた。

  8. 8

    【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  9. 9

    ZV-1と一緒に買いたいおすすめアクセサリー一覧。これさえあれば完璧!

  10. 10

    Kenko ブラックミスト No5をレビュー!No1よりおすすめしたい理由も。

おすすめ記事

  1. 【割引あり】2022年おすすめのジンバルを紹介!専門店から選ぼう!

  2. 遂にLuminar Neoのプロモーションコードが配布!割引価格でゲットしよう!

  3. 【割引コードあり】Luminar AIの購入方法とインストールの手順について。

  4. 【ポートレート編】Luminar Neoの使い方!時短で簡単に写真を仕上げよう。

  5. カメラ、スマホ用ジンバルは「ZHIYUN」で!ジンバル専門店をおすすめする理由。

  6. 【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  7. Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

TOP