カメラやレンズを高く買取して欲しい!見積もり方法について。

スポンサーリンク
https://kame-nichi.com/wp-content/uploads/2021/07/twitter_icon-300x300.jpg
nobuki

こんにちは!むちゃくちゃ撮影しているカメラマンのnobukiです。

カメラやレンズなどの機材を買取して欲しい!
少しでも高く!

となると、やはり見積もりはしっかりいただきたいところですね。
今回は、カメラの見積もりの出し方についてお伝えしたいと思います。
最初にお伝えすると見積もりの出し方は3つありまして、

・店頭買取
・宅配買取
・出張買取

この3つの方法があります。
今回はそれら見積もり方法のメリット、デメリットも併せてお伝えしたいと思います。
僕自身も買取経験者なので少しでも参考になれば嬉しいですね。

スポンサーリンク

見積もりに出す方法は3つ。

コメ兵のTOP画像。
出典:コメ兵

さて、改めてですが「お見積もり」や「買取方法」は下記の3つがあります。

・店頭買取
・宅配買取
・出張買取

今回はこの3つについてざっくりお伝えするのでまずはこれらを覚えておくと良いでしょう。

店頭買取について。

レンズの絞り羽の写真。

店頭買取は店頭に直接買取して欲しいカメラやレンズを持ち込み、対面で見積もりを出してもらう方法です。
店頭買取には下記のメリット、デメリットがあります。

【メリット】
・直接交渉できるため、話術に自信がある方には最適。
・買取店舗の密集地だと、あいみつ(相見積もり)しやすい。
・すぐに現金を手に入れることができる。
・今後、利用が多くなるなら担当になってくれると気持ち査定価格を上げてくれるかも?

【デメリット】
・直接交渉できるため、歴戦の買取スタッフだと価格交渉が難しい。
・買取店舗に行かなければならないため、時間がかかる。
・買取して欲しいカメラやレンズの種類や状態次第で、査定時間が長いかも知れない。
・買取成立後、モノによっては大金を持ち運ばなければならない。
・複数ある時は持ち運びが大変。

宅配買取について。

MC-11がカメラに装着している画像。

宅配買取はカメラを見積もりして欲しい店舗(業者)に郵送にて送る方法です。
宅配買取には下記のメリット、デメリットがあります。

【メリット】
・商品を郵送するだけで、あとは電話やメール、買取専用システムでの交渉なので時間に融通がきく。
・メールだと冷静な判断と考える時間があるため、落ち着いて判断できる。
・感情抜きで判断できる。

【デメリット】
・あいみつしにくい。
・郵送事故が起こる可能性が「0」ではない。
・買取成立時にすぐにお金が振込されないこともある。
※あいみつ=語源は「相見積もり」からきてます。複数の店舗に見積もりを出すこと。

出張買取について。

2台のカメラが並んでいる写真。

出張買取とは店舗(業者)に所属する買取スタッフに自宅に来てもらい、見積もりを出してもらう方法です。
出張買取は下記のメリット、デメリットがあります。

【メリット】
・店頭買取と比べ、家にいるだけでいい。
・宅配買取と比べ、買取して欲しいものが複数ある場合、持ち運んだり梱包作業しなくていいので楽。
・当日中に現金が手に入ることが大半(もしかしたら振込になるケースもある)

【デメリット】
・時間が拘束される。
・対面での交渉力が問われる。
・買取店によっては出張買取をしていないことがある。

どの見積もり方法がおすすめ?

MacBook proをタイピングしている写真。

どの見積もり方法もメリット、デメリットがあります。
ただ、もし買取を急いでないということでしたら、個人的には少し手間ですが「宅配買取」がおすすめです。
郵送する手間こそありますが、

・店頭買取、出張買取とは違い宅配買取は「対面で接客されない」ので冷静に考えることができる。

このメリットはすごく大きいです。
買取スタッフは非常に言葉を使うのが上手です。
なので、例え相場より低い見積もりを出してきたとしても店頭買取なら「この人なら信用できる(もちろん基本信用して良いですよ!)」や出張買取なら「せっかく家まで来てくれたし」とか、感情で見積もりに納得し、買取してもらうこともあるでしょう。

なので、宅配買取の「対面で接客されない」というのはなかなか大きなメリットなんですよね。
カメラを初めて買取してもらうのなら特に宅配買取はおすすめです。

僕のおすすめの買取店舗(業者)は下記にまとめていますので、参考にしてもらえたらと思います。

まとめ。まずは見積もりを出してもらおう!

MacBook proとカメラが写っている。

ということで、今回は見積もり方法についてまとめてみました。
だいたいどの買取店舗や業者も「見積もりは無料」のことが多いです。
もしカメラやレンズ、その他機材を売るかどうか迷っているなら、まずは見積もりだけ聞いておくのも良いかもしれませんね。

それでは!

nobukinobuki

nobuki

撮影初めて10年以上のカメラ好き。風景、ポートレート、創作、コスなどの作品撮りが好き。なんでも撮ります。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

nobukinobuki

nobuki

撮影歴10年以上の関西在住フォトグラファー。 抹茶&コーヒー好き。 ポートレート、風景、創作写真、機材レビュー、撮り方に関係する記事を投稿しています。

スポンサーリンク

週間ランキング

  1. 1

    RFレンズ(単焦点)のおすすめ一覧。プロカメラマンはこれから買う!

  2. 2

    【必須】外付けHDDやSSDで写真を管理!バックアップは必ず取ろう!

  3. 3

    【一眼レフVSミラーレス】後悔しないカメラはどっち?カメラ初心者に現役カメラマンが伝えたいこと

  4. 4

    【2022年版】ZV-1をレビュー!写真性能を中心に作例と共に紹介します。

  5. 5

    RAW現像ソフトのおすすめ5選!カメラ歴10年以上のカメラマンが紹介!

  6. 6

    【どっちを選ぶ?】EOS R5とR6を比較!写真性能を中心に比べてみた。

  7. 7

    【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  8. 8

    【2022年版】SONYのα7IIIをレビュー!作例と共に熱弁します。

  9. 9

    ズームレンズと単焦点レンズは使い分けが重要。カメラ初心者は両方の違いを理解しよう!

  10. 10

    silkypix developer studio pro11をレビュー!現役カメラマンが使ってみた。

おすすめ記事

  1. 【2023年】カメラを高価買取!おすすめショップをカメラマンがまとめてみた。

  2. 【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  3. カメラ、スマホ用ジンバルは「ZHIYUN」で!ジンバル専門店をおすすめする理由。

  4. Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

  5. 【割引コードあり】Luminar AIの購入方法とインストールの手順について。

  6. 【ポートレート編】Luminar Neoの使い方!時短で簡単に写真を仕上げよう。

  7. 【2023年】ジンバルのおすすめ専門店を紹介!Zhiyunがベスト!

  8. 遂にLuminar Neoのプロモーションコードが配布!割引価格でゲットしよう!

TOP