RAW現像やりすぎ問題について。趣味&商業カメラマンが意識していること。

スポンサーリンク
https://kame-nichi.com/wp-content/uploads/2021/07/twitter_icon-300x300.jpg
nobuki

こんにちは!むちゃくちゃ撮影しているカメラマンのnobukiです。

RAW現像を行う時にどこまで修正するのか迷うことがありますよね。

「RAW現像ってやりすぎたら良くないのかな?」

僕も知り合いからよく聞かれることがあります。
結論から言うと、

「自分の好きなようにやればいい」

です。

これだけだと何の解決にもヒントにもならないので僕のRAW現像の考え方をお伝えしたいと思います。
僕はRAW現像をする時は目的によってやり方を変えています。

大きく分けると僕は下記の2つでRAW現像のやり方を変えています。

・商業撮影:最低限のRAW現像。
・作品撮り:自分の世界観を表現するために徹底的にRAW現像。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

商業撮影時のRAW現像について。

まずは僕のいう商業撮影の定義は下記の撮影のことです。

・ビジネスプロフィール写真。
・商品撮影。
・店舗撮影。
・イベント撮影。

これらのことです。

商業撮影をお願いしてくるクライアントが写真に求めることの多くは、

・できるだけ早く写真が欲しい。
・綺麗な写真が欲しい。

この2つです。

カメラマンの作家性(個性)はあまり求められることはありません。
ですので、撮った写真は最低限のRAW現像だけで納品しています。

最低限の項目はというと概ね、

・露光量
・ホワイトバランス
・シャドウ
・ハイライト
・シャープ
・若干の彩度調整

この項目だけで事足ります。
また、パラメーターもわずかな調整の場合が多いです。
RAW現像にじっくり時間をかけるのではなく、できるだけシンプルかつスピーディーに写真を仕上げています。

いくつか例になる写真を紹介します。

RAW現像前
RAW現像後

RAW現像前は黄色味が強い写真でしたが、ホワイトバランスの調整をしています。

RAW現像前
RAW現像後

背景のカーテンの白飛びが目立ちましたので、Lightroomのハイライトを調整しました。

RAW現像前
RAW現像後

黄色味が強く、また室内で暗い写真になっていたので露光量を調整しました。

このようになるべくシンプルなRAW現像をするように意識しています。

作品撮りのRAW現像について。

まずは僕のいう作品撮りの定義は下記の撮影のことです。

・自己表現したいとき。
・写真を作品として取り扱うとき。

これにつきます。

・いかに見る人の心を奪うのか。
・いかに見る人が目を止め、足を止め自分の写真という作品を見てもらえるのか。

こんなことを考えてRAW現像しています。

「こんな写真の風景、実際にないよね?RAW現像やりすぎじゃない?」

こんなコメントをしてくる人もいるかもしれません。

ただ、この声は気にすることはありません。
あなたが自己表現のために撮った写真はあなたが満足行くまでRAW現像しましょう。
きっとその写真に胸を打たれる方もいます。

気にせず納得いくまでRAW現像をしちゃいましょう。

それではいくつか写真を紹介します。

RAW現像前
RAW現像後

時間帯は夜に近かったので明るさを大きく調整しました。
また、街灯の色が写真全体に影響しているように見せたかったため、ホワイトバランスや色相・彩度を調整しました。

RAW現像前
RAW現像後

僕は花の写真は暗く撮って、花の色だけ目立たせるRAW現像が好きなため、一枚目はとても暗い写真になっていますね。
RAW現像時はハイライトとシャドウと露光量を調整し、花のいろが目立つように仕上げました。

RAW現像前
RAW現像後

こちらもかなり暗い写真ですが露光量を大きく調整しています。
露光量を上げた分、ハイライトやシャドウのパラメーターも大きく調整しています。
また色味も少しでもサイバー感を出したかったので、青味が強い写真に仕上げています。

RAW現像のやりすぎは気にせず、写真生活を楽しもう!

今回は僕の思う「RAW現像やりすぎ」問題を記事にしてみました。

今はもうRAW現像の種類がたくさんあります。
僕自身、LightroomやLuminar neoを組み合わせてRAW現像している方もいるでしょう。

RAW現像ソフトをお探しの方は僕がおすすめしているRAW現像ソフトをまとめていますのでぜひチェックしてみてください。

RAW現像やりすぎ問題は時々話題に上がりますが、そんなことを気にせずあなたが思うようにRAW現像してもらえたらと思います。

それでは!

nobukinobuki

nobuki

撮影初めて10年以上のカメラ好き。風景、ポートレート、創作、コスなどの作品撮りが好き。なんでも撮ります。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

nobukinobuki

nobuki

撮影歴10年以上の関西在住フォトグラファー。 抹茶&コーヒー好き。 ポートレート、風景、創作写真、機材レビュー、撮り方に関係する記事を投稿しています。

スポンサーリンク

週間ランキング

  1. 1

    【どっちを選ぶ?】EOS R5とR6を比較!写真性能を中心に比べてみた。

  2. 2

    RAW現像ソフトのおすすめ5選!カメラ歴10年以上のカメラマンが紹介!

  3. 3

    【必須】外付けHDDやSSDで写真を管理!バックアップは必ず取ろう!

  4. 4

    【ZV-1 VS ZV-E10】写真性能を中心に比較!どっちがベストチョイス?

  5. 5

    【一眼レフVSミラーレス】後悔しないカメラはどっち?カメラ初心者に現役カメラマンが伝えたいこと

  6. 6

    Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

  7. 7

    Kenko ブラックミスト No5をレビュー!No1よりおすすめしたい理由も。

  8. 8

    【2022年版】ZV-1をレビュー!写真性能を中心に作例と共に紹介します。

  9. 9

    【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  10. 10

    【便利すぎ】Luminar Neoを作例付きレビュー!現役カメラマンが使ってみた。

おすすめ記事

  1. 遂にLuminar Neoのプロモーションコードが配布!割引価格でゲットしよう!

  2. Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

  3. カメラ、スマホ用ジンバルは「ZHIYUN」で!ジンバル専門店をおすすめする理由。

  4. 【ポートレート編】Luminar Neoの使い方!時短で簡単に写真を仕上げよう。

  5. 【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  6. 【割引あり】2022年おすすめのジンバルを紹介!専門店から選ぼう!

  7. 【割引コードあり】Luminar AIの購入方法とインストールの手順について。

TOP