EOS R10発売決定!キヤノン党のカメラマンはどう見るか。

スポンサーリンク
https://kame-nichi.com/wp-content/uploads/2021/07/twitter_icon-300x300.jpg
nobuki

こんにちは!むちゃくちゃ撮影しているカメラマンのnobukiです。

とうとうキヤノンからEOS R7EOS R10が発表されました。
キヤノン初、APS-Cのミラーレスカメラ!
おそらく多くの方もキヤノンからAPS-Cのミラーレスカメラが発売されるのを心待ちにしていたのではないでしょうか。

今回の記事では、

・どんな人がEOS R10に向いているのか。
・EOS R10の写真性能を中心とした気になるところ。

この2点について語りたいと思います。

ちなみにEOS R7についても発表段階で思うところもまとめています。
参考にしてください。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

EOS R10はどんな人が向いている?

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

EOS R10の価格や仕様を見てきました。
結論、ぶっちゃけ思ったのは、

・初めてカメラを買いたい人。
・気軽に持ち運びたい。
・特に女性。

こんな人には向いてるだろうなぁという印象です。
なぜかと言いますと、

・価格:キヤノンの最新ミラーレスカメラなのにお安い。
・ボディ:軽量であり、コンパクト。(丸っこいデザインも可愛い)
・性能:自撮りがしやすいバリアングル&スマホにカメラから写真を送信できる。

この3つが要因です。
それでは深掘りしてみます。

EOS R10は最新ミラーレスなのに価格はお手頃。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON
レンズ価格(税込)
ボディなし¥128,480
ボディ+レンズRF-S18-45 IS STM¥143,880
ボディ+レンズRF-S18-150 IS STM¥176,880

購入方法はこの3つです。
キヤノンはEOS R10をミドルクラスモデルという位置付けで発表しました。
にも関わらず、このぐらいの価格におさえられている理由はセンサーがAPS-Cを採用しているからですね。

「最新のフルサイズのミラーレスカメラが欲しい!(しかも、ちょっとお安めで)」

ということでは間違いなく現状はベストな選択になるかと思います。

デザインをチェック!EOS R10はサイズ感が素晴らしい!

まずはデザインから見ていきましょう!

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

デザインはキヤノンらしい丸みを帯びたデザイン。
キヤノンの丸みを帯びたデザインは手にフィットするんですよね。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

背面はこんな感じ。
必要最低限なシンプルなボタンの数と配置です。
あまりにボタンが多いと慣れるまでに時間がかかりそうですが、これは分かりやすいですね。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

横からはこんな感じ。
ちょっとファインダーが飛び出してる感じのようです。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

上から見たらこんなデザイン。
ダイヤルは少し大きめのデザインのようですね。
このサイズならとても回しやすいのではないでしょうか。

カメラマン視点で写真性能で気になるところ。

それでは僕が気になる点を中心に語りたいと思います。

小型かつ軽量。EOS R10は持ち出したくなるサイズ感!

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

冒頭で僕は、

・初めてカメラを買いたい人。
・気軽に持ち運びたい。
・特に女性。

こうお伝えしました。
こう思った一番の理由はこのサイズ感と重量なんですね。
EOS R10はバッテリーとSDカードを含んでの約429gとめちゃくちゃ軽いです。

僕はカメラを購入する方に一番見て欲しいポイントとして上げるのがサイズ、特に重量を上げています。
やはり小型かつ軽量なカメラは外に持ち出しやすいんですよね。
なので旅行などには最適です。

大きいし重いカメラは持ち出すのもしんどいです。
こうなってくると「あぁ、今日はスマホで写真撮ろう・・・」と億劫に感じ、カメラを持ち出す頻度が少なくなる方もいらっしゃいます。

カメラは小型かつ軽量が望ましい。

覚えておいてください。

画素数も十分、2420万画素!

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

2420万画素というところで十分な画素数ですね。
これだけあればパソコンでのレタッチもしやすいですし、WEBやパソコンで見る分には十分な画素数です。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

映像エンジンも最新のDIGIC Xが搭載。
EOS R10に最適化されているようですね。

暗いシーンでの撮影に役に立つISOについて。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

夜に撮影することもあるかと重います。
そこで重要なカメラの機能といえば「ISOをどれだけ上げることができるか」です。
EOS R10は最高ISO32000(拡張ISOで51200)ということで十分なISOです。

バリアングル液晶!自撮りも撮りやすいです。

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

バリアングル液晶ということで、液晶を見ながら撮影できるのはとても自撮りがしやすいです。
一人旅にもとても便利で役に立つ機能ではないでしょうか。

カメラからスマートフォンにすぐ写真を転送!

EOS R10のスペック画像。

出典:CANON

この機能は最近のカメラに多いですね。
撮った写真はすぐスマホに転送できます。
これでスマートフォンでツイッターやインスタグラムなどのSNSにすぐアップロードすることができます。

気になるデメリット。

個人的に気になるデメリットは以下になります。

・レンズがまだまだ少ない。(EOS R10はRFマウント)
・バッテリーの持ちが一眼レフカメラに比べて悪い。
・ボディ内手ぶれ補正がない。

RFレンズが少ない。けど解決策はある。

RFマウントに対応したレンズがまだまだ少ないんですよね。
また、なかなかお高い・・・なので下記のアイテムを使って、メインカメラであるEOS R5を使ってます。

僕は以前、EOS 5D Mark3を使っていたので、EFレンズが多いんですね。
なのでこのマウントアダプターでEFレンズを使っています。
EFレンズを持ってるならこのアダプターは必須だと思います。

ミラーレスカメラはバッテリーの持ちが悪い!

ミラーレスカメラは電子ファインダーを採用しているため、バッテリーの持ちがやはり悪いんですね。
解決策は予備バッテリーを必ず購入すること。

キヤノン バッテリーパック LP-E17
キヤノン

EOS R10はこのLP-E17のバッテリーを使います。
必ず予備は準備しましょう。
そうでないとせっかくのシャッターチャンスにバッテリー切れは悲しいですよね。

EOS R10はボディ内手ぶれ補正はない。

キヤノンのミラーレスカメラということでボディ内手ぶれ補正に期待するところですが、EOS R10は搭載されていないです。
これはちょっと残念!
ただ、その分ボディがコンパクト設計されています。
ここは仕方ない部分ですね。

まとめ。個人的にはEOS R7より気になる。

現状、キヤノンから発表されたEOS R10の情報で僕が気になる部分をまとめていました。
個人的にはEOS R7よりこのEOS R10が気になる。

僕が使うなら旅行用カメラで小さいバッグにコインケースを入れて気軽に旅に行きたいですね。
そんな方にはとてもいいカメラだと思います。

また実機触る機会があったらレビューしたいと思います。

それでは!

nobukinobuki

nobuki

撮影初めて10年以上のカメラ好き。風景、ポートレート、創作、コスなどの作品撮りが好き。なんでも撮ります。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

nobukinobuki

nobuki

撮影歴10年以上の関西在住フォトグラファー。 抹茶&コーヒー好き。 ポートレート、風景、創作写真、機材レビュー、撮り方に関係する記事を投稿しています。

スポンサーリンク

週間ランキング

  1. 1

    【必須】外付けHDDやSSDで写真を管理!バックアップは必ず取ろう!

  2. 2

    RAW現像ソフトのおすすめ5選!カメラ歴10年以上のカメラマンが紹介!

  3. 3

    【一眼レフVSミラーレス】後悔しないカメラはどっち?カメラ初心者に現役カメラマンが伝えたいこと

  4. 4

    【どっちを選ぶ?】EOS R5とR6を比較!写真性能を中心に比べてみた。

  5. 5

    【ZV-1 VS ZV-E10】写真性能を中心に比較!どっちがベストチョイス?

  6. 6

    ZV-1と一緒に買いたいおすすめアクセサリー一覧。これさえあれば完璧!

  7. 7

    Kenko ブラックミスト No5をレビュー!No1よりおすすめしたい理由も。

  8. 8

    silkypix developer studio pro11をレビュー!現役カメラマンが使ってみた。

  9. 9

    【2022年版】ZV-1をレビュー!写真性能を中心に作例と共に紹介します。

  10. 10

    Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

おすすめ記事

  1. 【割引あり】2022年おすすめのジンバルを紹介!専門店から選ぼう!

  2. 【割引コードあり】Luminar AIの購入方法とインストールの手順について。

  3. 遂にLuminar Neoのプロモーションコードが配布!割引価格でゲットしよう!

  4. カメラ、スマホ用ジンバルは「ZHIYUN」で!ジンバル専門店をおすすめする理由。

  5. 【写真付き】ZV-1に最適なジンバル「CRANE M2」の使い方。バランス調整方法について。

  6. 【ポートレート編】Luminar Neoの使い方!時短で簡単に写真を仕上げよう。

  7. Luminar Neoが発売!購入方法とインストール手順について詳しく。

TOP